わたしの場合の戸建て購入メリット①

今年31歳になる主婦(女)です。

結婚して丸5年が経とうとしている私たちは、初め、23区以外(多摩地域)の東京都内の木造アパートに居を構えでおりました。

結婚式場を探している際に参加したブライダルフェアにたまたま提携している不動産やさんが来ていたので、その方(仮にAさんとします)に家探しのお手伝いをお願いしました。

Aさんは本当に細やかに家選びのポイントを教えてくれ、親身になってくれたので、私たちの我が儘ばかりの条件の物件を見つけてくださったときは本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

借家の立地については夫が通勤しやすい且つ、夫婦二人で都内に出やすいところ且つ、住んで落ち着く場所がいいという判断基準がありました。

私たちの出会いが趣味で参加していた社会人の歌サークルであったため、

当時はよく23区内や神奈川県・埼玉県などで練習やライブ活動をしており、

交通のアクセスが良いところを、と選んだところが西東京市でした。

加えて、夫も私も地方出身ということもあり、あまり都会すぎる都会には住み慣れていなかったので、東京大学の農場もある西東京市は小金井公園も近く、程よく住宅街で静かだったので、二人とも文句なしで選んだのでした。

結婚した当初、私は25歳で夫は27歳でしたが、私が、

・将来こどもが生まれた時のために早く家を購入しておきたい

・自分たちの世代では年金がもらえるかも怪しいのでできるだけ早く住宅ローンを返したい

という強い気持ちを抱いており、私のほうから夫に、

「そろそろ家を買わない?」と、結婚して半年後には提案しておりました。

夫もそうだね、定年退職してのんびりするためにもできるだけ早くローンを返せるように自分たちの家を買おう、と言ってくれました。

とはいったものの、当時、周りの友人で自宅を購入した人間はおらず、

親に相談してみるのはちょっとなぁ、という気持ちがあり何から手を付けたらよいかわからずお手上げ状態でした。

その時に、「そうだ、Aさんにもう一度お願いしてみない?」という話になり、Aさんに連絡をとると快く引き受けてくださいました。

借家を見つけてきてくれた時のAさんの対応と、お金に関しても知識豊富な印象があったので真っ先にお願いしようという話になりました。

「結婚式も土地・家の購入も、誰もが初めての時を体験するし多大な額のお金が動くのでお客様に後悔だけはさせたくない」

というAさんのお言葉が本当に頼りでした。

PR: SEOアクセスアップ相互リンク集 内職 アルバイト お小遣いNET 貯蓄 家計見直しクラブ ディレクトリスト 被リンク対策∞ 副業ランキング 登録無料の相互リンク集でSEO対策 構文チェック済-SEO対策リンク集